SARS-CoV-2が関与するワークフローの全てのステップで、このウイルスの働きを妨げて破壊することができるようにしたいと考えています。例えば、宿主細胞への入り口とウイルスが利用する経路を理解すること、COVID-19の患者さんや疾患モデルにおける効果的な細胞応答を見分けること、そして、治療法やワクチンの候補、ウイルス検出キットのための新規バイオマーカーや関連経路を発見することです。製品の選択と実験の開始を容易にするため、様々な製品(抗体やリコンビナントタンパク質、サイトカイン検出用キット、プロテオゲノミクス用製品など)をワークフローの段階ごとにまとめました。さらに、ブログ動画ライブラリーでもCOVID-19に関する有益な情報をご提供しています。


 

BioLegendはCOVID-19と戦う皆様のお役に立ちたいと考えています

 

BioLegendはSARS-CoV-2研究やCOVID-19の診断法、治療法、ワクチンの開発の加速に役立ちたいと考えております。BioLegendとのパートナーシップもしくは共同研究をご希望の方は、下記よりお問合せください。

 

SARS-CoV-2のワークフロー

関心をお持ちの分野の画像をクリックすると、その項目へ移動します。

 

Covid Workflowviral recognition Cellular Response biomarker

 


Viral Recognition and Inflammation (ウイルスによる認識と炎症)

 

ウイルスの侵入とその結果生じる炎症は、SARS-CoV-2研究者が調査中の重要なメカニズムです。ウイルス侵入に関与するスパイクタンパク質S1とヒトACE2の相互作用を調べるために、当社ではSARS-CoV-2リコンビナントタンパク質と抗体をご用意しております。また、ELISAキットLEGENDplex™アッセイを用いてサイトカイン応答を追跡することで、初期の炎症と治療の有効性を解析できます。ウイルス感染の開始点とその後の人体への影響を十分に理解することで、感染が成立する前にSARS-CoV-2を除去することが可能かもしれません。

 

 

Cellular Responses and Anti-Viral Pathways (細胞応答と抗ウイルス経路)

 

Monitor Cellular ResponseSARS-CoV-2の侵入地点とこのウイルスがどのように細胞を攻撃するのか研究した後は、免疫細胞応答に焦点を移しましょう。効果的な免疫応答を測定するには、細胞性免疫反応、特にT細胞を解析することが重要です。そこで私たちは独自のツールを開発しました。目的の細胞集団を分離することができるMojoSort™キット、抗原特異的T細胞の研究用にSARS-CoV-2ペプチド結合済みのMHCモノマー、そして抗ウイルス経路の重要なコンポーネントを検出する抗体などです。BioLegendは、細胞がどのように連携してSARS-CoV-2を排除するか明らかにするための重要なツールをご提供します。

 

当社のSARS-CoV-2-specific Flex-T™ MHC試薬ならプロトコルを簡略化し時間を節約できます。それぞれのHLAモノマーには関連するSARS-CoV-2ペプチドが固定されています。ペプチドを交換する必要が無いのですぐに使用可能です。潜在的なワクチン候補に対応するT細胞を追跡する際にお使いください。詳細はFlex-T™ウェブページをご覧ください

 

Flex-T Diagram

 

 

MojoSort™ キットなら、磁性ナノビーズを使用して目的の細胞を高純度かつ高収率で迅速に分離することができます。当社の検討では、MojoSort™ 製品を用いて分離した細胞はその後の実験に使用可能です。T細胞B細胞NK細胞および単球用のキットをご覧いただけます。

リコンビナントサイトカインや成長因子は、細胞の増殖や分化、サイトカイン産生などの細胞応答を誘導するために重要です。SARS-CoV-2に対する宿主細胞の応答において重要な多くのサイトカインを含む、様々なリコンビナントタンパク質製品をご覧ください。

 

BioLegendは抗ウイルス経路に関与する重要なメディエーターを検出できる、多数の抗体をご用意しております。例えば、Toll様受容体(Toll-like receptor)、STATやNF-κB、インターフェロン調節因子などです。当社の抗ウイルス経路関連因子の抗体は、ウェスタンブロット、フローサイトメトリー、機能的アッセイやChIPアッセイ、免疫組織染色・細胞染色のような顕微鏡を用いる解析などのアプリケーションで検証済みです。

 

注目の製品

Chloroquine phosphate

Hydroxychloroquine sulfate

Beta-Catenin

CD44

E-Cadherin

Ezrin

IKK/NF-κB

Inflammasome

IRFs

MMPs

STATs

TLRs

 

BioLegendのフローサイトメトリー用抗体製品のラインナップなら、抗ウイルス応答やSARS-CoV-2に対する免疫応答に関連する細胞を含む、あらゆる種類の細胞を解析する際にご活用いただけます。また、様々なクラスのヒト免疫グロブリンの検出を検討している方のために、ウイルス特異的抗体の検出にも使用可能なヒト免疫グロブリンに対する二次抗体もご用意しております。

 


Biomarker Discovery and Monitoring (バイオマーカーの発見とモニタリング)

 

Biomarker Discovery and Monitoring

まだ発見されていないバイオマーカーの存在を解明することで、効果的な治療が可能となります。新しいバイオマーカーと免疫経路を迅速に特定するため、私たちはこの研究分野において強力なソリューションを考案しました。オリゴヌクレオチド標識抗体TotalSeq™を用いて細胞の状態を調べ、遺伝子発現とタンパク質のダイナミクスを解析することができます。また、フローサイトメトリーで何百種類もの細胞表面マーカーをスクリーニングする際に有用なLEGENDScreen™キットもご用意しております。これらのユニークなツールを使うことで、バイオマーカー発見のためにこれまでにない細胞解析を行うことが可能となり、潜在的な治療法の開発につながります。

 

TotalSeq™試薬(プロテオゲノミクス・CITE-seq用試薬)を用いると、多数の細胞を1細胞レベルで迅速に解析することができます。TotalSeq™抗体にはオリゴヌクレオチドが標識されており、抗体を識別するバーコードとして働きます。この抗体を使用することで、既存のscRNA-seqなどのワークフローに統合することができ、タンパク質とRNAの発現を1細胞レベルで同時に解析することが可能となります。TotalSeq™抗体製品には、個別の抗体製品、タイトレーション済みの凍結乾燥抗体カクテル製品、サンプルのマルチプレックス(複数サンプルを混合し同時に解析)に必要なHashtag製品などがございます。例えば、次のような研究に有用です。

 

 

  • COVID-19患者における免疫系細胞や肺胞洗浄液のマルチオミクス解析(タンパク質とRNAの解析)(TotalSeq™-AまたはBと10x Genomics社のシングルセル遺伝子発現ソリューション(3' assay)を組み合わせて使用)
  • 免疫療法やワクチンの開発のため、COVID-19患者におけるTCR/BCRレパトア(レパートリー)を解析(TotalSeq™-Cと10x Genomics社のシングルセル免役プロファイリングソリューション(5' assay)を使用)

 

LEGENDScreen™キットを用いると細胞サンプルを迅速にスクリーニングすることが可能です。このキットは数枚の96ウェルプレートで構成されており、各ウェルにはそれぞれ異なるターゲットを認識するPE標識凍結乾燥抗体が入っています。ヒト用キットには361種類の細胞表面マーカー抗体と10種類のアイソタイプコントロールが含まれています。マウス用キットには255種類の細胞表面マーカー抗体と11種類のアイソタイプコントロールが含まれています。LEGENDScreen™キットの詳細はこちらをご覧ください。

 

ProductsHere
Insert Note Here
Save Close Clear
Lab Timer
Tools
Login / Register
Remember me
Forgot your password? Reset password?
Create an Account